All Will Be Best

努力をすれば合格も夢ではない!?行政書士の資格の勉強方法

法学を学んだ経験があるなら独学でもできる

大学で法律学を学んだ経験がある方や、これまで法律関係の職業で働いていたという方は独学で行政書士の資格取得を目指すことも可能です。独学用のテキストは本屋などでも売られていますから、自分の苦手な科目をメインに対策していくことで行政書士の国家試験にパスすることができます。もちろん模試などを受けて自分の実力をチェックしながら勉強をすすめるのも行政書士の資格を取る上では重要になります。独学の場合でも模試は受けましょう。

通学講座で学びながら取得を目指す

時間に余裕がある方や、学生で行政書士の資格取得を目指す方は通学講座などで取得を目指すのもよいでしょう。通学講座の場合習熟度別にクラス分けしてくれるので、法律に全く触れたことのない素人から法学生まで無理のないカリキュラムを組んで合格へ向けて後押ししてくれます。通学講座の場合には講師にわからないことをわかるまで教えてもらうということができるので、初心者の場合でも着々と行政書士国家試験合格を目指すことができます。

どんな学習方法でも長期的な計画が必要

行政書士国家試験に合格するためにはかなり長い勉強時間が必要になりますから、詰め込み式で覚えていくよりも長期的な学習計画を立ててマイペースに試験対策に取り組むようにしましょう。そうすることでモチベーションを保ちながら勉強を進めていけますのでストレスに感じる事も少なくなります。ストイックに毎日勉強するのもよいですが、息抜きをしながら対策をすれば勉強の効率も上がるのでオンオフをしっかり分けるのもよいでしょう。

行政書士の試験を受けて、無事合格したとしても、それ以降がとても重要になります。一定数以上の顧客を見つけることが安定した収入に繋がるためです。