All Will Be Best

クレジットカードとデビットカードの安全な利用法と比較

安全にクレジットカードで決済するには

ネットショップで買い物をした時に、大規模なショッピングサイトならクレジットカード決済に対応している所が多いですね。ただ、カードの番号を入力するのに、ネットから情報が漏れるのではないかと心配する方もいるでしょう。目安としては番号を送信する際に、暗号化する機能が付いている場合は、信頼がおけるショップサイトと考えていいでしょう。画面に鍵のマークや認証のマークが表示されていれば対応している証拠になります。カード会社側からも、不正利用防止のために対策が練られています。セキュリティコードというカードの下三桁の番号を入力を求めることで、不正利用が防止されやすくなりますし、対応しているカードであれば3Dセキュアというネットショッピング専用の認証確認を設定することができますので、更に安全に利用できるようになっています。ネットショッピングする機会が多い方なら、3Dセキュアに対応したクレジットカードで決済すれば安心して使えますね。

ネットショップでのクレジットとデビット決済の違い

クレジットカードとデビットカードは似ているので、区別がつきにくいかもしれませんね。デビットカードは、銀行の口座と連動したカードでキャッシュカードを兼ねていることが多いです。クレジットカードの会社が参入し、カードのブランドとほぼ同様に使えます。ブランドによっては、3Dセキュアを設定して安全に取引できますし、ゴールドカードがある場合は、様々な優待サービスを利用できます。ただ、クレジットカードとは大きな違いがあります。返済方法は1回払いのみで、利用限度額は使用時の口座の残高までとなり、決済手続きをすると即時で口座から一括で引き落としされます。ネットショッピングで利用した場合、確認のための二重引き落としがあったり、店舗側が取引の詳細を出すのが遅れたために、口座にお金が戻ったり、後に再出金したりということも見受けられます。最終的な取引で、正式な金額が引き落とされますので大丈夫ですよ。

クレジットとデビットカードの決済を使い分ける方法

ネットでの決済に使うのに、双方を有効利用するにはどうしたらいいでしょうか。クレジットカードは入会するのに審査があり、利用者に信用があると認められるため、後日の決済や分割払いができます。ネットショッピングでは、まとめて品物を購入する際、高額な商品を購入する際に利用するとよいでしょう。デビットカードはカードのブランドが入っていても、審査がない場合が多く、残高の範囲内でしか使えません。その反面、使いすぎを防いだり、お金の管理がしやすいというメリットがあります。高額な品物を購入する場合は、事前にお金を多めに口座に用意する必要が出てきますので、ネットショッピングでは、比較的少額な商品やこまごました日用品を購入するのに向いています。クレジットもデビットも用途によって使い分けるといいですね。

決済代行を利用すると提供されるシステムによって、売上げも一元で簡単に管理することが出来て手間も省けます。