All Will Be Best

信用取引はマーケットによって場率が異なります

株取引における信用取引とは

株取引では信用取引抜きでは短期売買は行えません。株の場合通常は、応援したい企業の株を買いますよね。そして企業側は応援してもらったお礼に株主決定月になれば、配当金や株主優待券を分配してくれます。しかし短期売買で儲けたい人は配当金や優待券目当てではありません。株を安く買って高く売りたい訳です。それだけでは儲かりませんので空売りという行為が必要となってきます。この空売りをするには証券会社に信用取引の申し出をしなければなりません。

先物市場における信用取引とは

先物市場は全てのマーケットの礎的な存在です。テクニカル分析は先物市場で培われてきたと言っても過言ではありません。先も市場は信用取引で資金の数十倍のお金を動かす事が出来ます。逆を言えば信用取引を使わなければ莫大な証拠金を必要とします。先物市場は本来、投機や投資目的に有るものでは無くリスクヘッジのためにあるマーケットです。短期売買で利益を得るために存在するものでは無いのです。しかしマーケットの流動性を上げるために信用取引枠を設け参加者を増やしているという背景があります。

外国為替証拠金取引における信用取引とは

FXでは信用取引がなければ成り立たないと言い切れるぐらい、信用取引の役割は大きくなっています。基本的にFXは投資目的ではなく短期売買のための投機目的で成り立っています。実需は以外にも1割程度しかありません。これは信用取引によって資金の少ない者も取引が出来るようになるため、参加者が世界中にいるからです。資金が少ないと言っても多人数になれば莫大な金額になります。これが大きな流動性の源になり世界経済を動かしている訳ですね。

信用取引とは証券会社に預けてある株式や現金を委託保証金という形で担保にし、その3倍までの資金で取引をすることを言う。手持ちの資金以上に大きな取引が出来リターンも大きいかわりにリスクも大きい。